• SoundCloudが社会のアイコン
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

    ブラックホールと手を繋ごう


    とても良い曲ばかりがぽろぽろ出来るようになってきた。

    だから、しっかり丁寧に作り上げたいと思うと今度は逆になかなか作曲作業が進まぬという皮肉なものである。

    微妙な温度のすき間を行かなくちゃならないらしい。

    これを探ってると隣にはいつのまにかニヤニヤしてしながら睡魔がちょこんと座ってて、とんとん俺の肩を叩く。

    もういいじゃん?寝よ?ってね。

    参ったなぁ。

    ひとたび瞼を閉じれば深い眠りの穴の中に身体は引き込まれていく。

    ブラックホールに落ちる感覚。

    ブラックホールに落ちたことはないんだけどね。

    なんでもブラックホールに落ちると何かが圧縮されるとかで例えば人が落ちていくとすると、渦の中心に近い方から細長くなっていくらしい。

    だから、人間が立ったまま垂直に吸い込まれたら、もやしみたいになる訳よ。

    そんな状況下で作る。

    創作活動は誰だってそんなものなのかもしれない。大変だなぁ。

    人間ひとりだけど、隣には睡魔がいて、その隣にはブラックホールがいて…。

    もう、WAになって踊ろうを歌うしかなくないか??