• SoundCloudが社会のアイコン
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

    雲の毛布


    眠りの淵から呼び戻される。

    携帯がじりじり唸って、眠りまなこで電話に出る。まるで生まれたての子鹿がふらふらするように、はっきりとしない頭の中で話し出す。

    そう簡単に起こる展開ではないけれど、意外に好きな瞬間かもしれない。

    でもどうせなら、寝起きに聞くなら断然女の子の声がいい。

    寝てた?なんて聞いてほしい。

    現実は、30過ぎたおじさんの先輩が電話を掛けてくるのである。全くもって理想とは程遠い。

    電話掛けているということなら、お互いの距離も遠い。

    なにもかも遠いので、気も遠くなる。

    そんな時は夜に流れる雲を思う。

    夜にも雲はあるのだ。

    ゆったり誰にもあまり気付かれずに流れている存在は、この世と少し距離を取っているみたい。

    そんな雲をひとふさ掴んで毛布にしよう。

    眠りの淵までそれはそれは優しい導きをしてくれそうじゃないか。

    すっぽり頭から毛布を被って今日はもう終わりです。

    僕はうずくまる。