• SoundCloudが社会のアイコン
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

読書

 

本を読むたび、この本を読むのは必然だったと思う。

自分自身を投影したわけではないのに、自分の心の一部がそこにはたしかにある。悲しいくらいしっかりとそこにはある。

だけれど、自分の為に書かれた本だなんて事があるはずがない。現実的になると同時に、ならばこの心の歯がゆさは誰かと自分との共通概念であり、自分も著者のようにどこか遠くへ向けて発信すべき事柄なのではないかと思ったりもしていたり。

 

間違えたようで、それは誰かと同じだった事で許されこそしないものの、安心できるような感覚に陥る。

 

傷の舐め合いとはまた違う。

そんな特殊な心持ちで、本を読む。

 

Please reload